スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役牌バックについての考察―1

久々の更新ですね。

先日、多井隆晴プロの麻雀講座に行って来まして、触発されたので久々に書こうかなぁと。


自分の麻雀感についての雑記なので「え?コイツ何言ってんの?」「は?頭おかしいんじゃね?」みたいなのあれば言ってください…


講座でプロに聞いた役牌バックの仕掛けについてです。

※役牌バックっていうのは二萬三萬四萬白白五索五索二筒三筒四筒 七筒横八筒九筒
のような形で白でロン!といった形で和了った時に役が確定するような牌姿の事を言います。


東1局 南家 7巡目
一萬一萬二萬三萬六萬七萬四索五索六索六索六筒南南  ドラ:南

親から3s又は1mが出たら鳴くか?

といった質問をしました。
まぁ答えとしては
「自分はしない。確実に警戒されるから。」
といった答えでした。

「これも人によるから自分で統計とって研究してみるといいよ」
と言われたので、統計取るのは時間的に厳しいかなぁと思ったので、どんな状況ならば鳴くか、これが自風でなければ?オーラスだったら?等と色々考察して行きたいと思います。


まずは先ほどの牌姿から。

東1局 南家 7巡目
一萬一萬二萬三萬六萬七萬四索五索六索六索六筒南南  ドラ:南

個人的な意見としましては、鳴かないですかね!

では、この状況で鳴く状況を考えてみます。

1)一萬四萬三索六索が8枚目
2)自分が全く警戒されていない
3)メンツがオタ風のドラをポンポン切ってくれる
4)南が1枚切れている


といった状況が考えられます。

ここで2,3は完全に人読みです。はい。身内等のセットや知り合いと打たない限りあまり適用できませんがこの状況ならば鳴きます。



1の条件があっても鳴かない人も結構いると思います。
この手で面子を作るとすると、六萬七萬一萬二萬三萬四索五索六索で3面子を確保するのが普通です。

残りの1面子1雀頭をどこで確保するかで話が変わります。
ここまで煮詰まっていると最終形が二つあります。

一萬一萬一萬二萬三萬六萬七萬八萬四索五索六索南南南

ドラを3枚使い切ったこの形と

一萬二萬三萬六萬七萬八萬四索五索六索四筒五筒六筒南南

ドラを雀頭にして他で一面子作ったこの形。この場合四筒五筒六筒六索のくっつきも考えられるのでその面子も考えられます。

そして話は戻りますが、1の時。
このとき前者の牌姿を目指す場合は絶対に鳴きます。この時の打点は8,000点。
次に後者の牌姿を目指す時は鳴かなくても問題ありません。この時の打点は5,200点。

後者の受け入れ次第では三色にもなりますが、それは遠すぎるので無視します。
まぁ、曲げて出和了り5200、ツモ8000。
デメリットとしては浮き牌へのくっつきに期待しなければならないためシャンテン数が落ちてしまう事。
それが嫌であれば鉄チーだと想います。



次に4。
この時に考えるのは自風を鳴いて8000点を取りに行く時だけ。
前者で述べた後者の牌姿を目指すのであれば鳴く理由にはならないですね。

この時、鳴くメリットとしては1枚切られているため七対子がいなければ使えない牌という事があげられます。
つまり、他家に使えない牌で待つ事ができるということですね。

しかし、この時はデメリットが大きく、
・残り1枚が王牌で死んでいる
・一人に抑えられて他家二人に責められたら確実に負ける

デカイですね。まぁ書いておいてなんですが、鳴かない方がいいですね。



東風戦、東南戦での違い

この二つの違いは大きく鳴く鳴かないの判断は大分変わります。

特に親権の維持というものが非常に大切になっていて、東南戦とは違い1度しかありません。
つまり一度の親権をいかに大事にするか、他家の親権をどうやって蹴落とすかというのが重要になります。

そういう時に両面チーを行う事がどのような影響を与えるのか、という事を考えていきます。

1.他家に与える影響
両面チー、ここでは一萬四萬三索六索の鳴きについて考えます。
ここで鳴く牌によって与える影響が変わります。

①:四萬三索六索
この鳴きを行うと他家は喰い断を目指しているという考えがまず思い浮かびます。
しかも両面チーということは他の牌構成が良い形という考えも思い浮かびます。
つまり中張牌は危なそう。けど安そう。こんなイメージですね。

②:一萬
この時だけは事情が変わります。
么九牌をなく理由です。牌構成としてはまず混全帯么九は狙えない構成ですし、他の么九牌はバシバシツモ切ります。
つまり、役牌バックバレバレじゃねーの。って事ですね。
他の役牌ならば出してくれるかもしれませんが自風のドラなんか切ってくれなくなります。
それか、もう役牌暗刻なんじゃ?といった考えも持ってくれるかもしれません。


それぞれ鳴く事によって他家にはこのような考えが浮かび、自分の手牌構成を推察されます。
なので和了りにくくなります。特に後者。

しかし、和了りにくくなってもシャンテン数が確実に進むというメリットがあります。
このメリットとデメリットをそれぞれ比較して鳴いた方が良い、悪いという判断をしていくのが普通です。

さて、東風戦と東南戦ではその判断がどう変わるのか?

まず東風戦では基本的に平均聴牌順目が全体的に早くなります。それと同時に副露率も上がっていきます。
つまり、じっくり手作りをするのではなく鳴いて早和了をする人が多くなるということですね。

麻雀は最速東風戦では4回、東南戦では8回和了が出ればそこでゲーム終了です。
なので先に書いたとおり親権の存在がとても大切になります。

今回のような場合だと南家、親権を蹴って自分の親が欲しい局面です。なので、1順でも早く和了たい。

なので鳴いた方が得か損かそれぞれメリット・デメリットを考えます。

デメリットとして挙げられるのが、自分の手牌構成を推察されやすく和了づらくなる。これが一番大きいです
次にメリットとしては、シャンテン数が確実に進む事。これがまずあげられます。
次に、手を進めることによっての威嚇です。

東南戦では親権が二度あり、大量得点のチャンスは2度あります。なので満貫は傷がつきますが、挽回がききます。
しかし、東風戦では満貫の傷は確実に致命傷です。

となると、東風戦ではドラの南バックの可能性、又は役牌暗刻の可能性を考え降りてくれる事があります。
また、自分の手牌が良ければその可能性を考慮していても突っ張りたいという場面もあります。
つまり、東風戦の方が鳴きが与える影響が大きいのです。

なので、東風戦での両面鳴きは相手に与える情報が大きいぶんメリットも多々あります。
しかし、東南戦では局数が多いため受けに回られる可能性も多分にあるので東風戦よりもメリットが少なくなります。

つまり、東風戦では役牌バックは有効なのではないか?というのが持論です。



散々書いておいて尻切れ感が凄いですが一旦ここで終わらせたいと想います。

次に書く時は他の場面状況を想定して役牌バックの考察をしていきたいと想います。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぷら@死んでる

Author:かぷら@死んでる
エロゲやったり麻雀やったり煙草吸ったり

あれ…これってタダのクズ…

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
応援バナー
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。 【ハピメア】応援バナー
カウンター
応援バナー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。