FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真剣で私に恋しなさい!A1 雑感

top-benkei.png
タイトル「真剣で私に恋しなさい!A1
ブランド「みなとそふと


ブログとして初めてのエロゲ感想というのにまさかのFD。
これからのブログ内容の指針になるのにね!

とりあえずネタバレ有り部分と無し部分で分けて書いて行きたいと思います。
タブとかの設定はわからないので普通に序盤、後半で分けていきます。



ということでネタバレ無しから


前作であるマジ恋Sから√が無かった3キャラ、黛沙也佳、武蔵坊弁慶、忍足あずみをそれぞれ攻略できる今作。
まず今作のプレイ時間から。ボイススキップ無し、ほぼオートでのプレイ時間です。
黛沙也佳:2時間半
武蔵坊弁慶:3時間半
忍足あずみ:3時間
シナリオボリュームは弁慶が最も長かったように感じました。けれど、個人的にはあずみ√が最も満足出来る内容だったかなーと。いや、どの√も面白いんですけどね!

タカヒロ作品であるが故の会話のテンポの良さ、統一された独特な世界観は今までと同様に引き継がれています。
なので、世界観、ストーリーは文句なく、購入前から考えていた内容よりも上のものでした。

システムは前作同様の戯画システム。このシステムでできるエロゲは本当にストレスフリーだなぁと。

演出面としては前作マジ恋Sから凝りはじめたなぁと思った点、謎のCGアニメーションが追加されておりました。何故これをCGアニメーションにしたのか…
今作だけではなく、マジ恋シリーズで思っていたことなのですが、キャラクター立ち絵とボイス、SEの整合がやはり崩れてるなぁと。今作からは直っているかと思ったのですが相変わらずなようでちょっと残念。

そしてマジ恋シリーズ、というよりみなとそふとの売りである豪華な声優陣。その素晴らしい演技は今作でも変わらず耳が幸せな時間を過ごさせて頂きました…
その中でも今作の主役3キャラが歌う「恋のAは真剣勝負!」がタイトル画面で流れ驚きました。私こういう曲に弱いんですね、タイトル画面で10分ほどフリーズしてました。


とりあえず、全体的な面はこんな感じで。細かい点等は後述のネタバレ有りの方に書いて行きたいと思います。








そしてネタバレ有り。超ネタバレです。



まず、各ルートの感想から。共通が無いのでそれぞれの感想になっちゃいますね。

・黛沙也佳
マジ恋Sで立ち絵追加、というか存在がおおっぴらになった彼女。
今作のロリ担当ですね。良いですね、ロリ。心が豊かになりますね。紋様は文句なしのロリですけど、沙也佳ちゃんはこう膨らみかけが良いというか、こう、ねぇ?
膨らみかけおっぱい。

まぁ、内容としては全体的に少し薄いかなぁと。FD追加キャラならこんな感じかぁと納得はできますが。
知り合ってからHまでの期間が短いというか描写少ないなぁって感じですかね。
どっちかっていうと小笠原千佳みたいな一般人中学生Verといった感じ。膨らみかけおっぱい。キャラクターが可愛いのに掘り下げ少ないのが残念でした。
そして、この√はなんといっても前作までいい所無しだった剣聖 黛大成さんが出てきます。今までの登場キャラとは違った力押しキャラじゃないのが好印象。クリス父のような理不尽系じゃなくて良かった。


・武蔵坊弁慶
前作でも人気が高かった弁慶姉さん。おっぱい大きいですね。今回のゲームアイコンにもなっていてA1のメインキャラといった所でしょうか。
シナリオボリュームは3キャラ中最もあったと思います。九鬼系√というよりもクローン√のような印象。
前作では事も無げに書いてあったのですが、学年順位3位取らないと退学なんですね…まぁそこらへんの葛藤も書いてあり満足。
それから、弁慶がどれくらい強いのか?といった疑問にも答えてくれた√でした。いや、強いっすわ。マジ恋の中でも上位10本入るじゃないっすかぁ。あの御方に勝ったのはマジでびっくり。
エロシーンもだらけ部からの派生があり、黒スト意識したエロも有りとても満足。破かなかったのは理由があるのかなぁ。破って欲しかったなぁ。それだけが心残り。

その他キャラについては、弁慶ルートでのバトルシーンでは直江母が出てきたので個人的に楽しかったです。エロシーンあっても良かったのに…
後はあれですね、バーのマスターはカッコイイ。
ついでに、みっれにあーむ。


・忍足あずみ
今作で私の絶対的なTOPを走っております。年齢の事は気にしてはいけません。絶対にいけません。
事前告知通り長丁場になると思ったのですが、ほんとうに長い。このような落とし方大好きです。この落とすまでの過程が素晴らしいですね。
まぁ、九鬼英雄の片思いを消化しないと進まないといけないので覚悟はしてましたが思わず涙腺にきちゃいましたね。あのシーン。
そして登場しちゃいましたね風魔の里、まさかの登場でしたよ。そして白旗上げてBADですよ。
新規キャラが出てきてきゃるーん☆とか言ってたあずみさんの意外な一面も見て行けてとても面白かったです(こなみかん
新規立ち絵が大幅追加され、ラフな私服+メガネといった組み合わせツボりましたねー。いや、可愛いすわ。三十路馬鹿にできない。あずみさんじゅうななさいのはずなのにエロシーンは可愛い。まさかのぶりっ子モードもありましたしね!

紋様との主従関係がハッキリしている、メイド達との未来の世界線。しかし、それでも紋様が可愛い。いや、ロリコンじゃないですけど紋様が可愛い。癒される的なアレでね。
後は何と言っても九鬼家といった今まである意味ブラックボックスだったモノが段々と分かる事に対し引きこまれて行きました。

と、まぁ各ルートの感想はこんな感じです。ネタバレ多量なのは語彙が少ない証拠ですね!



総評しますと、3980でのシナリオでは大変楽しめるかと。特に前作までやっていた人にとっては買って損は無いなって感じですね。メインヒロインである5人はマジ恋Sで一旦終わり。マジ恋Aはマジ恋SのFDであるといった立ち位置であると表明した作品かなぁと思いました。

そして、DL版購入かフルコンプ版購入かで迷っている方のために追記しておきますと、A1からA2までの発売ラグが、A2が今夏発売とのことだったので5ヶ月程度でしょうか。それを考えるとフルコンプ版待ちよりもそれぞれ買ったほうがいいかなぁとは感じますね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かぷら@死んでる

Author:かぷら@死んでる
エロゲやったり麻雀やったり煙草吸ったり

あれ…これってタダのクズ…

最新記事
Twitter
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
応援バナー
【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。 【ハピメア】応援バナー
カウンター
応援バナー
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。